株式会社福岡地所 > (売買)地域から探す > 北九州市小倉南区 > サンパーク徳力(No.7265)

サンパーク徳力(No.7265)

サンパーク徳力(No.7265)

オートロックが付いているので、空き巣などの危険も減らすことができます。TVインターホン付きなので、部屋から訪問者の顔を確認できます。直接受け取れない荷物は宅配ボックスに届くので、日中外出する方や家でも手が離せないことが多い方におすすめです。新居をお求めなら、地域に詳しい当社にご依頼下さい。お客様のこだわりやご要望などがあれば、メール又はお電話から当社までお申し付けください。

所在地 交通 建物
福岡県北九州市小倉南区徳力新町2丁目19-30

北九州都市モノレール小倉線徳力公団前」駅 徒歩10分

「南方二丁目」バス停下車 徒歩2分

築24年
8階建
鉄筋コンクリート

物件情報

周辺施設

【外観】 | サンパーク徳力(No.7265)

※写真や図と実際の現状とが異なる場合は現状を優先させていただきます

  • 【外観】 | サンパーク徳力(No.7265)

※ご覧になりたい写真をクリックすると
拡大されて表示されます。

コメント【外観】

情報の見方

サンパーク徳力(No.7265) の物件概要

【中古マンション】

所在地 福岡県北九州市小倉南区徳力新町2丁目19-30
交通
価格 1,380万円 管理費 3,900円
専有面積 70.99㎡ 築年月(築年数) 1999年 6月 ( 築24年 )
種別/構造 中古マンション / 鉄筋コンクリート 階建 8階建
備考 システムキッチンは使いやすく汚れにくいのでご好評です。暖房機能を使えば寒い時期の室温差を抑えてヒートショックを防げる、浴室乾燥機付きの物件です。さし湯をせずに沸かし直すことができる追焚機能付きの浴室です。お客様のこれからの生活に大きく関わってくる住まい探しを、当社が誠心誠意を持ってお手伝い致します。ぜひお客様の住まいに対するこだわりをお聞かせください。
取扱会社
  • 株式会社 福岡地所
  • 福岡県北九州市小倉北区片野3丁目9-18 片野富士ビル1階
  • TEL:093-922-3939
  • 福岡県知事 (9) 第10191号
  • (公社)福岡県宅地建物取引業協会

※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。

サンパーク徳力(No.7265) へのお問い合わせは 株式会社 福岡地所まで

093-922-3939

〒802-0064

福岡県北九州市小倉北区片野3丁目9-18 片野富士ビル1階

9:00〜18:00  定休日:GW・夏季休暇・年末年始

お問い合わせ

サンパーク徳力(No.7265)の販売物件情報

所在階 価格 管理費・共益費 間取り 専有面積 詳細 検討リスト
7階 1,380万円 3,900円 2LDK
70.99㎡ 詳細を見る 追加する

サンパーク徳力(No.7265)へのお問い合わせ

必要項目の入力

0/0
必須項目完了

確認画面へ
お進み下さい

0/0
必須項目完了

確認画面へ
お進み下さい

必須

お名前

必須

メールアドレス

任意

内容

【サンパーク徳力(No.7265)へのお問い合わせ】

※営業を目的としたお問い合わせは御遠慮下さい

利用規約及びプライバシーポリシーを必ずお読みください。左記内容に同意いただいた場合は、確認画面へお進み下さい。

未入力項目があります

▼ご希望の物件をお探しします
物件リクエスト

おすすめ物件

グランドパレス曽根ラグシス(No.7238)の画像

グランドパレス曽根ラグシス(No.7238)

福岡県北九州市小倉南区曽根北町

日豊本線「下曽根」駅 徒歩14分

築9年

アメニティ曽根(No.7285)の画像

アメニティ曽根(No.7285)

福岡県北九州市小倉南区田原2丁目

日豊本線「下曽根」駅 徒歩7分

築21年

安部山スカイマンション(No.7290)の画像

安部山スカイマンション(No.7290)

福岡県北九州市小倉南区葛原2丁目

日豊本線「安部山公園」駅 徒歩13分

築35年

グリーンタウンもりつね16号棟(No.7272)の画像

グリーンタウンもりつね16号棟(No.7272)

福岡県北九州市小倉南区守恒3丁目

北九州都市モノレール小倉線「守恒」駅 徒歩11分

築41年

会社概要

会社画像
株式会社 福岡地所
  • 〒802-0064
  • 福岡県北九州市小倉北区片野3丁目9-18 片野富士ビル1階
  • TEL/093-922-3939
  • FAX/093-922-6382
  • 福岡県知事 (9) 第10191号

トップへ戻る